ヨガのアーサナ、得意と苦手 これはウパヴィシュタ・コーナアーサナ 比較的得意なポーズだけど要注意ポーズ!

最近開脚の本が人気になっている、いた?ようですね。流行りに興味がないので世の中の動きとは違った動きをしているKouです:D

開脚は、ヨガのアーサナではUpavistha Konasana:ウパヴィシュタ・コーナアーサナと言います。比較的柔軟性のある方には楽なポーズですが、無理に伸ばそうとすると繊細なモモ裏の筋肉を痛めやすいポーズでもあります。

私も小さい頃から柔らかいので、ヨガを始めて間もない頃は、このポーズをするときはもっともっと、、とただ伸ばしていて、いつの間にか左のモモ裏のハムストリングスの一部を痛めてました。

そう、体にいいヨガをして、やりすぎで怪我をしてしまう、ことが多々あるのです。

柔軟性のある方は伸ばしすぎたり、アスリート系の方は頑張りすぎて骨折をしたり・・

ヨガのアーサナは柔軟性だけではなく強靭性も求められます。そうでないとできないアーサナがあり、だから苦手なアーサナほどどちらかが求められていると思っています。苦手なところに、自分が見えていないところ、見ていないところが隠されているので、そこを勇気を持って開いて見ていくと、できないアーサナの共通の自分の弱いところ、苦手なところがはっきりと見えてきます。

これは筋肉面から見てみるとこのような見方になりますね。

でもこれを股関節の引き込み、という観点から見ていくと、また違うエネルギーの流れが見えてきます。太ももの骨を骨盤に向かってはめ込んでいく、という流れです。これができていくと、同じようなポーズを取っていても体への効果が抜群に向上します。つまり流れが良くなるんですね。

このはめ込みが深いほど安全性が高い、とも言えるでしょうかね。

独自の経験からの見解ですが^^

ヨガは本当に面白いです。歴史が深い分その魅力は深い。

これからも探り続け、体を使って遊んでみて効果を楽しみ続けてみます。

プッシュ通知を